院長紹介

袴谷 光芳

袴谷  光芳

出身
札幌市生まれ
家族構成
妻と子供3人の5人家族
性格
慎重派、よく笑う、きれい好き
特技
皿洗い、掃除
資格
はり師・きゅう師(国家資格)、整体師、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、SMART Tools®認定プロバイダー

私自身も右肘の痛みに悩まされていました

ゆず鍼灸治療院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。はじめまして、院長の袴谷(はかまや)です。
ここからは、インタビュー形式で自己紹介をさせていただきます。

 

Q:はじめに経歴を教えてくれますか?

A:はい、箇条書きでまとめてみますね。

・1982年札幌市に生まれ、小学校4年生で幼馴染とともに野球を始める(身体がその頃から小さかったので、様々なポジションを行う)
・高校卒業後は、スポーツトレーナーの養成専門学校へ進学
・その後、北海道鍼灸専門学校へさらに進学し3年後にはり師・きゅう師の国家試験に合格
・24歳で東京へ移住し、治療院や整骨院、整形外科等で勤務
・ちょうど10年の節目、二人目の子供が生まれるということで札幌へ戻る

 

Q:なるほど!それで、いつ開院されたのですか?

A:2017年4月に開院しました。
東京でも最後の3年間は出張専門という形で活動しておりました。

きっかけ

きっかけ

Q:ところで鍼灸師を目指したきっかけは?

A:高校生の時に右肘を痛めた事がきっかけですね。

恩師の紹介で鍼の施術を受けたことがきっかけで、「自分もアスリートやスポーツをする方のサポートがしたい!」と考えました。そこで高校卒業後にスポーツトレーナーを目指すべく専門学校へ進学しましたが、日本の現状では何らかの医療系国家資格を保持する必要がある事に直面し、夜間過程の鍼灸養成学校へ進学しました。

 

月曜日~土曜日の日中は治療院でアシスタントとして勤務させていただき、18時~鍼灸学校、日曜日は北海道バーバリアンズR.F.Cでトレーナーとしての勉強をさせていただいていました。

この時の3年間は本当に大変な日々でしたが、今の私があるのはこの時にお世話になった方々のお陰と思えるくらい充実した日々を過ごしておりました!

単身東京へ修行に

単身東京へ修行に

Q:東京ではどんな仕事をしてきたのですか?

A:治療院や整骨院、整形外科リハビリ室などで来院された方への施術と運動指導、ご高齢等により足が不自由な方のご自宅へ伺い鍼灸施術と運動療法をしていました。


また週末は鍼灸やオステオパシーの勉強会へ積極的に参加し、様々な施術の考え方や方法を学び、写真のように外国の講師からも直接学ぶ機会がありました。

 

そして何年か勤めているうちに私のやりたい事と勤務先の方針に少しずつズレが生じてきてしまったため、ならば自分でやろう!と決心をして最後の3年間は出張専門という形で治療院を始め、その他に整形外科リハビリ室でのアルバイトもさせていただいていました。

私の想い

Q:そうだったのですね!最後に皆さんへメッセージがあればお願いします。

A:「お悩みが解消され、笑顔を取り戻して頂きたい!」


という想いで開院し、東京と札幌にて多くの方との出会いをいただいております。
身体が良くなられた方もいらっしゃれば、1回のみの施術になってしまった方、反りが合わなかった方、現在でも引き続き施術させて頂けている方がおります。


私が施術をさせていただくことで皆様が健康や美に対して目を向けるきっかけになればと思っております。


今まで出会ったすべての方に感謝しつつ、これからも皆様とのご縁を大切にして活動していきたいです。