アキレス腱炎のご相談

昨年末からアキレス腱の痛みでお困りのお客さまより経過のメールを頂いたのでご紹介したいと思います。
こちらの女性は、当院にお越しになる前に整形外科へ行かれ『アキレス腱炎』という診断をされ薬を処方されたそうです。整骨院へも行かれたそうですが、なかなか痛みが緩和せず歩く際や階段の上り下りに痛みがありとても不安を抱えてのご来院でした。

初回施術後のメール連絡

アキレス腱の痛みでお困りの方からの報告メール

おはようございます。お気遣い下さりありがとうございます。

お陰様でばっちりライブ楽しめました!!
先生に言われた通りヒール有りのブーツで行った為、いつもより背が高くなりステージが見え易いという利点もありました笑

帰宅してテーピングを剥がしてみたらまだ赤みがありましたのでアイシングして寝ました。今もまだ赤いので冷やしてます。ですが痛みはあまりないです。

階段で蟹さんになるのも効果があり、痛い!と感じる事がほぼなく過ごせています。

先生に処置して頂いて本当に良かったです。お忙しい中、急な予約に対応頂きありがとうございました!
引き続き木曜日までアイシングとマッサージを続けて様子を見てみようと思います。

使い過ぎ=障害

このお客さまは痛めた原因は、おそらく○○といった思い当たる節がありました。ですが中には痛めた原因が「よくわからない」「思い当たらない」とおっしゃる方もおります。

 

アキレス腱炎や腱鞘炎、テニス肘などはいわゆる『使い過ぎ』によるケガ(障害)ですので、昨日足をひねってしまってなどのハッキリとした原因がないことも多いのです。
しかし、よくよく問診・カウンセリングをしてみると、「あっ!!この動作を頻繁に行っていたからかも」と気づく事も多いです。
はっきりとしたきっかけはなくても、お身体に不調が現れるということは必ず何か原因はあると思います!

施術とセルフケア

施術にお越しになり私が行った事は、ふくらはぎとアキレス腱付近への鍼治療(電気鍼)と日常生活が少しでも痛みなく過ごせるようなアドバイスでした。

①アキレス腱が腫れて熱っぽい⇒1日に何度も冷やしましょう(とけかけた保冷剤で)
②痛い動作はなるべく避けましょう
⇒このお客さまはヒールのある靴だと痛みが軽減する
階段の上り下りは、カニ歩き(横歩き)でする
③テニスボールを使ってふくらはぎをマッサージする

 

以上がこのお客さまに対して行ったアドバイスです。アキレス腱炎でお困りの方すべてに当てはまるアドバイスではないですから、ご注意くださいね!!

楽しみだったライブにも

翌日は以前からとても楽しみにしていたライブがあるとの事で、「行けますかね?」というお客さまからの問いに、即答で「行ってOKですよ!」と。そのかわりテーピングで固定しておきますね~と伝えて、翌朝いただいたメールが上記の写真になります。

 

このように当院では、一見症状と関係のなさそうな事でもあれやこれやとお話を伺います。そういったお話を伺ってから施術を行い日常生活での負担軽減のための細かなアドバイス、ストレッチやマッサージの方法を極力お伝えしています。
痛みや不快感がなく生活できた方が、より早くお身体も心も回復してくれますしね(^^♪

 

アキレス腱炎や他の症状でお困りの方の参考になればと思い、お客さまの許可をいただきblogにてご紹介させて頂きました。
当院にお越しになる前の不安が少しでも解消されればと思います!

アキレス腱炎について詳しくはこちら

アキレス腱炎

この記事に関する関連記事