背中の張り、こり

本日は【カッピング、吸玉、吸角】のご紹介!
吸角(吸い玉、カッピング)

リオデジャネイロオリンピックにて水泳のマイケル・フェルプス選手の肩に、丸い青あざがついていたのをメディアで取り上げたことをきっかけに、「あれはなんだ?」と話題になりました!
日本でも民間療法の代表として昔から吸玉療法は行われてきましたが、痕が残ってしまうという以外のデメリットはないのです。

 

その効果は医学的に証明・解明されていない(科学が追いついていない!?)というのが現状ではありますが、スポーツ選手や一般の方々にもコアなファンがいるのが事実です。体験された方の感覚的なスッキリ感やパフォーマンスアップにつながったのでしょう。

ほんとに効くの!?

吸玉(カッピング、吸角)療法で期待できる効果としては、

・毛細血管の血行の促進
・皮膚や軟部組織(筋肉など)の柔軟性UP

・関節の動きを円滑にする
・老廃物の排泄、デトックス効果
・血行改善による冷え症の改善   などが期待できます。
 

カッピングをすると一時的に陰圧状態になることで表層の組織は虚血状態となり、深層の組織には「隙間」を作ってあげることでたくさんの血液が流れ込みます。数分後にカップを外すと、それまで虚血状態だった表層の組織に一気に血液が流れ込み、血液循環の改善をさせるといったメカニズムです。

血流がよくなる事に加えて皮膚の柔軟性が増すので、マッサージを受ける以上のスッキリ感があります。皮膚や筋肉の柔軟性を増すという点では、最近流行りの筋膜リリースと似ていますかね。

シリコン製のカッピング

シリコンカッピング

当院では、ガラス製のカッピングのご用意もありますが、メインで使用しているのがこちらのシリコン製のカッピング!!
簡単に手で陰圧状態を作れ、皮膚に押し当てることでピタッと吸いつけられます。万が一外れてしまい落としても割れる心配もないので施術家としてはとてもありがたい一品(^^♪
背中などに吸い付けるもよし、オイルを塗って滑らせて筋膜リリースのようにすることも簡単なんです。

注意点として

・施術後は皮膚が一時的に赤くなる方が多いです(この反応は個人差が大きいので、ほとんど赤くならない方もおります)。
・長い時間付けていると、水ぶくれになってしまう方もいます。

※ゆず鍼灸治療院では、長く付けても10分くらいで行っています。

背中の張り、こり、こわばりなどでマッサージ以外の方法をお探しの方は、ぜひカッピングを1度お試しください。きっとスッキリされると思いますよ~(^^)

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
札幌市中央区のゆず鍼灸治療院@袴谷でした。
筋膜リリースのページにもカッピングについて記載しています。
筋膜リリース

背部痛について詳しくはこちら

背部痛

この記事に関する関連記事