膝関節の痛みでお困りの患者様

最近は、膝関節の痛みでお困りの患者様からご相談を受けます。
痛みの部位は膝関節を中心にふくらはぎやもも裏も痛いという方が多くいらっしゃいます。
膝関節は、ももの前後の筋肉が伸び縮みをすることで膝関節の曲げ伸ばしを行うわけですが、この筋肉のトラブルにより痛みを起こしているケースが多々あるように感じています。

筋肉トラブルによる膝関節痛を単純に分けると

  1. 筋肉が縮こまり固くなって痛みを起こすケース
  2. 筋力が低下して弱くなってしまったケース

①に関しては鍼灸治療・整体によって筋肉の柔軟性を回復させることで、曲げ伸ばしをスムーズにし、痛みを解消させます。この場合には縮こまってしまっている筋肉をしっかり把握し、ピンポイントで刺激を加える必要があります。
問題のない筋肉の柔軟性を回復させても痛みの軽減が期待できないので、しっかりとした触診と治療技術が大切になりますね。

 

②に関しては筋力低下を起こし不安定になってしまった膝関節を回復させるために、筋力トレーニングが必須になってきます。
もちろん急激な筋トレは関節の痛みを助長してしまうだけですので、寝ながらできるもの→座ってできるもの→立って行うものという流れ。
重量についても、グッと力を入れる→足の重さを感じつつ→おもりを巻き付けて→バーベルなどの負荷を用いて。といった段階を経て行うことが大切です。

いずれの場合にも早期に的確な治判断の下、治療・筋トレを行うことで回復させられます!!
膝関節の痛みでお困りの際にはぜひ当院へご相談いただければと思います。
豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分、
ゆず鍼灸治療院 院長の袴谷でした。