左顔面神経麻痺

今年の1月に私の妻が顔面神経麻痺になりました。
おかげさまで現在はなんの問題もなく過ごしておりますが、このblogに記録として綴っておこうと思います。

急に発症

1月20日
この日私は旭川出張でしたので、早朝6時半前には自宅をでました。まだ妻と子供たちは布団の中でしたがので、妻と顔を合わせていませんでした。
夜18時頃帰宅すると、妻から
「顔の右側が何か変だから、あとで美容鍼をして!!」と言われ、「え~疲れたから嫌だ」なんて会話をした記憶があります(後日振り返るとこの時にはもう顔面神経麻痺になっていました)。

子供たちを寝かしつけた後、妻の顔に美容鍼を行いました。右が変ということで右側を本数多めにしてそのまま寝ていてもらいました。
20分後くらいに鍼を外していると、お腹が張ってきたので産まれるかもしれないという事(第三子妊娠中で予定日が1/29でした)で、産婦人科へ。21日の深夜でしたが無事に出産し4泊5日で入院生活。

症状は

左の目が閉じない
涙がでてくる
額にしわが寄らない
飲み物が口から出てくる
食事がすすれない・・・etc
の症状があり、顔をみても左側が下がっていることが続いていました。
退院後すぐにかかりつけの耳鼻咽喉科へ行ってもらい、
『左側の顔面神経麻痺」という診断がされました。

専門病院でのステロイド点滴

かかりつけの耳鼻咽喉科では、これ以上の詳しい検査はできないので専門の病院を紹介するので紹介状を持参して行ってみてください。詳しい検査をしてからの判断になりますが、入院してステロイドの点滴をしての治療になるのでは?という事を医師に言われたそうです。

ですが出産直後、さらに上に2人の子供がいるなかでの入院・加療できないと感じたのか、

妻は「専門病院での検査・治療は行えない」と伝えたようで、一応紹介状はいただき、帰宅してきました。
※結局その後、かかりつけ耳鼻咽喉科へも専門病院へもは行きませんでした。

退院後、毎日の鍼灸治療

産婦人科から退院したその夜から、毎日『はりとお灸」をスタート!!
お顔の鍼はもちろんのこと、手足の鍼とお腹のお灸を繰り返し行いました。最初の5日間くらいは見た目での大きな変化はなかったですが、本人の感覚としては、
顔が動かしやすい
自分ではすごく動いている感覚
味噌汁が飲めるようなってきた
といった感想でした。


暇があれば自分でも顔をマッサージしてもらったり、蒸しタオルなどで温めたりを繰り返しているうちに、少しずつ回復し見た目にもわからなくなりつつありました(^_^)

口周りの動きは良く回復してくれたのですが、最後まで残った症状は「目がしっかり閉じない」がありました。

はりとお灸の施術も10日間くらいは毎日継続し、私の仕事の都合などもあり2日おき、3日おきといった具合で間隔をあけていきました。通常の美容鍼では使用しない長い鍼も顔に刺したりとしっかり目の刺激量を毎回行ってきた甲斐もあってか、発症(1/20)から1ヶ月弱でほとんど回復!見た目では全くわからないところまで元気になり、3ヶ月たった今では顔面神経麻痺の後遺症もなく過ごしております(^_^)v


専門病院へ行かずにいましたので、ある時いただいた紹介状の封を切って内容を見たのですが、
その頃の状態としては私の予想以上に悪かったようです^^;

私が感じたこと

今回の妻が発症した左顔面神経麻痺の「原因」は不明。ストレス?とか妊娠・出産によるもの?とか聞かれますが、正直わかりません。


医師のすすめのとおり専門病院でのステロイド点滴などをおこなっていても回復したと予想できます。ただしかかりつけの耳鼻咽喉科の医師によると、ステロイド点滴をしても2~3週間たってから効果が現れてくるのでは?と言われたそうで(素人の妻が聞いてきたことなので正確ではないかもしれませんが)、

顔が麻痺している患者さま本人としては「このまま顔が歪んだままだったらどうしよう」とか「治るの?」といった不安・恐怖がとても大きいと思います。

 

今回妻が顔面神経麻痺を患って私個人としては、このようなケースのベストな治療として、専門病院での詳しい検査、入院治療と合わせてお顔に対しての施術(はりとお灸)をおこなうことではないかなと感じました。たまたま今回の施術が効果的であったとも考えられますが、麻痺したお顔にも直接施術をすることで患者さまの不安が少しでも減り、より早期に後遺症を残さずに回復させられるのではという事を思いました。

おわりに

顔面神経麻痺が「はりとお灸」だけで治る!とは断言できませんが、様々な症状でお悩みの方の選択肢の1つになってくれたらなと思います。
病院で処方されているお薬や注射などの治療に加えて、鍼灸が皆様のお悩みの解決手段の1つになってくれたら嬉しいです(^_^)

顔面神経麻痺について詳しくはこちら

顔面神経麻痺