えっ?ぎっくり腰??

ぎっくり腰になったことのある方はいらっしゃいますか?もしくは身近な方がギックリ腰になっているのをご覧になったことのある方もいらっしゃるかも。
重い物を持ち上げた瞬間に「ギクッ」と強烈な痛み・違和感が起こり、そのまま動けなくなってしまったというお話が多いですが、これまでに色々な方からのお話を伺っていると「重い物を持ち上げた瞬間」だけではないんです!!


・靴下をはこうと片足を挙げた瞬間
・くしゃみをした瞬間
・うがいをした時に
・ソファーから立ち上がろうとした時に
・・・などなど。それぞれギックリ腰が起こった状況は様々なんですよね。

お客さまよりメール

いつも美容鍼でご利用頂いているお客さまから、ある日こんなメールを頂きました。


~さきほどお風呂にはいっている時に、急に左腰のあたりが痛くなってきました。これって軽いぎっくり腰でしょうか?これまでぎっくり腰になったことはないので不安なのですが・・・。今はしゃがんだり、左足をあげて靴下をはこうとしたり、下の物を拾おうとしたら、ツーンと痛みが走ります。座っていても左の腰がジワジワと痛い感じです。~


という内容でした。
はい!これはおそらくぎっくり腰(軽いもの、もしくはなりかけ)と判断いたします。
では何故急に痛くなってきたのでしょうか??


実はこの方、その日の午前中にお子様と一緒に屋外で活動する日だったのです。
その日の札幌市内はくもり☁時々小雨☂
お子様は元気よく活動されていますし体も温まっているかと思いますが、親御さんはじ~っとお子様の様子を見ていたり、写真などを撮られていたことでしょう。
そうなんです!!身体が冷えきってしまったのです!!!!

冷え=ぎっくり腰

今回のぎっくり腰のような症状の背景には、身体が冷えきってしまった事が関係しています。

ですのでこの方には、
「足とお腹をしっかりと温めて、早めにおやすみください!水分摂取も大切ですので、白湯を取るように心がけてください。」
とアドバイスしました(^_^)
翌日にいただいたメールでは、「昨日より随分とましになり、このまま冷え対策をして様子をみてみます。」とのことでした。

ぎっくり腰の背景として

  • お身体の冷え(冷たい飲食のしすぎ)
  • 過度の筋肉疲労・柔軟性の欠如
  • 睡眠不足(時間・質)
  • 連日のアルコールの摂取
  • 食生活の乱れ

など何かしらの背景が隠れている事が多いと考えます。

今回の長いGW中に生活リズムが崩れている方もいらっしゃる方も多いかと思います。特に暑いくらいの陽気が続いたので屋外でBBQなどをされてお肉中心の食生活、アルコールの飲酒も増えたのではないかと思いますので、くれぐれもぎっくり腰にご注意くださいね!
何度もぎっくり腰を繰り返している方は、なおさら生活リズムや食生活の見直しと定期的なお身体のケアをされるべきかと思います。またあの辛い痛みが襲ってくる前に対策をしましょう(>_<)

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
東洋医学でよく聞く「未病」の段階での対策が1番大切ということですね☆(^_-)

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰

この記事に関する関連記事