妊娠中によくあるお尻の痛み

妊娠中のマイナートラブルや出産後の不調・痛みに対しても 施術の依頼をいただきますパー
最近よく耳にするのが、妊娠中のお尻の痛みショック!

 

じっと座っている時は痛くないけれど、 歩き出しや歩いている時にズキンと痛む
痛い側の足に体重を乗せたときに痛い.....雷
しゃがむと痛い・・・
とおっしゃる方が多いですDASH! 

 

私の見解では、 お腹が大きく目立つようになってくると ややがに股傾向で歩くようになるため、 お尻の筋肉(大臀筋や深部の筋肉)が過剰に使われてしまい 痛みが起こるのではないかと推測しています!
もちろん出産へ向けて骨盤が緩んで広がってきてしまうため といった見方もできるでしょうが、痛くならない方もいらっしゃるので上記のような筋肉のトラブルを疑っております。

 


そんな方へのアドバイスとしては、
お尻のテニスボールマッサージをオススメしていますテニス

テニスボールを使ったお尻のマッサージ

まずは、フローリングや畳のお部屋で寝ておこなう方法をご紹介していきます。
こちらは少し刺激が強めなので、のちほど壁を使った方法もご紹介しています。

 

①テニスボールを床におき、お尻の痛い部分・凝っている部分にテニスボールが当たるように仰向けや横向きに寝ます
②痛い部分やツーンと響く所を探すように身体を前後左右に動かします
③見つけたらそのままジーっと指圧してもOK !もしくはゴリゴリしたりも良いですね^^
④痛みやツーンと響くのが減ったら、少し場所をずらして行ってみましょう。

 
何か所か行ってみたら痛かった動作(歩いてみる、足を挙げてみるなど)をやってみて身体の変化をチェックしてくださいひらめき電球
※テニスボールマッサージが痛すぎる場合には、ボールの上にタオルを敷いて緩衝するとよろしいかと思いますパー
もしお困りの方がいらしたら行ってみてくださいd(>ω<。)

壁に寄りかかってもできますよ!!

お尻のテニスボールマッサージ

写真のように壁に対してお尻の横や後面を当てるように寄りかかって行うこともできます。
壁を使ったほうが、刺激量的には柔らかくソフトなあたりになります。
痛い部分や凝っている部分に当てられたら、身体を前後左右にゆすってみると良いです(^^)

 

横になって行うのが難しかったり、刺激が強いと感じたら壁を使って行うこともおススメしています。


本日も最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

なかなかテニスボールマッサージが上手く出来ない方は、 メッセージ頂ければアドバイスできるかと思います。

 

ゆず鍼灸治療院の袴谷でしたニコニコ

梨状筋症候群について詳しくはこちら

梨状筋症候群

この記事に関する関連記事