背部痛

しんきゅうコンパスセレクション委選出されました

当院が選ばれる3つの理由

1.ていねいで具体的な問診を心がけているから

病院や整骨院、マッサージ屋さんでこんな不満を感じたことありませんか?

  • こちらの話をしっかり聞いてもらえない
  • 難しい言葉で説明されてよくわからなかった
  • なぜこの症状が出ているのか納得いく説明がない
  • どうしたら楽になるのかアドバイスしてもらえない
問診の様子

お困りの症状やお悩みを解決していくためには、しっかりとお話をうかがう事がとても大切であると考えます。

「どんな時につらいのか?」「良くなる時、悪化する時はあるのか?」「どのようなお仕事をしていて、普段の姿勢は?」「どんなスキンケアをしているのか?」などなど、症状・お悩みとは関係ないと思われるようなことも伺っています。

2.土日・祝日も営業しているから

2020年1月のお休み予定

お仕事帰りにも気軽に立ち寄りいただきたく平日は夜8時まで受付、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にも土日、祝日も営業しているためお喜びいただいております。(※)

【完全予約制】のため、ご来院いただいた際は待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

(※出張のため臨時休診の場合あり)

受付時間

3.地下鉄3駅利用可能で通いやすい!

豊水すすきの駅1番出口すぐ

当院は、豊水すすきの駅1番出口を出てすぐ右の細い路地の突き当りのビルの7階にあります。大通駅やすすきの駅出口からも徒歩5分圏内とアクセス抜群です。

近隣には多数のコインパーキングや立体駐車場がございますので、お車でお越しの際はそちらをご利用ください。
(多少料金が違うようですが、30分200円くらいかと思います)

こんな症状で苦しんでいませんか?

  • 四六時中ずっと背中が重い
  • 背中に板がはいっているようだ
  • 背中が痛くて仕事や家事に集中できない
  • 朝起きた時に首や肩、背中も痛い
  • マッサージを受けてもすっきりしない
  • よく眠れない、スッキリ起きられない

当てはまる方は今すぐ当院にご相談ください

大丈夫!一緒にがんばりましょう

背中の痛み、張り、凝り、重ダルイといった症状・状態でお困りの方はとても多いです。ぎっくり腰ならぬぎっくり背中のように急に痛みがでてくるものもあれば、過労、睡眠不足、運動不足などにより背中の大きな筋肉が凝り固まってしまい徐々に痛みなどの不快症状が現れることもあります。
いずれにしても放置していても良くなることはありません。
当院にて背中の痛みや凝りを取り除くような施術を受けてみませんか?ぜひご相談ください!

喜びの声のご紹介

感想のご紹介

こちらのどんぐりさんは、坐骨神経痛でお悩みでしたが、現在は「背中の張り」やストレートネックなどの症状でメンテナンス通院されています。施術後は身体が軽くなるのを実感してくださっています。
もしあなたも背中の痛みや凝り、張りなどのつらい症状でお悩みでしたら、ぜひこの文章を最後まで読んでみてください!きっとあなたの症状が回復するヒントがあると思います。

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

ネット予約はこちら

LINEで予約する

背中の痛みの原因は何なのか?

  • 背中の筋肉自体が凝り固まって痛む
  • 頚椎の問題で痛む
  • 首や肩の筋肉の問題で痛む
  • 腰椎や腰の筋肉の問題で痛む
  • 内臓からくる痛み

このように色々な原因が考えられます。

最後に挙げた、「内臓からくる背中の痛み」に関しては病院で精査していただく必要があります。
今こちらをご覧の方はおそらく、

  • 病院でみてもらったが異常なし
  • 湿布を貼った
  • 電気治療や温熱療法を受けた
  • マッサージを受けた

のような対処をされてきたのではないでしょうか?

 

では、なぜ背中の痛みがなかなか消えないのでしょうか??

色々やったが改善しない背中の痛みの原因は?

背骨近くの細かい筋肉の凝りが原因です

背中にある大きな筋肉

背中には、表面に大きな筋肉があり、背骨近くの深いところには細かい筋肉がずらっと並んでいます。
これらの細かい筋肉はインナーマッスルと呼ばれ、姿勢を保持したり体幹(芯)を安定させたり微妙なバランスを保ったり「縁の下の力持ち」的な役割をしています。

しかもこのインナーマッスルは、寝ている時以外ずっと頑張り続けているんです!!!

そう考えるとインナーマッスルが凝り固まって当然ですよね…。

 

※画像出典:グレイ解剖学1918版

意外と多いのが背中の凝りからくる不眠症

インナーマッスルはほとんどが背骨に付着するとお話しました。
これらが凝り固まると、背骨を硬くし歪ませてしまいます。
するとどうなるでしょうか。

 

背骨の横にある自律神経の働きが悪くなり、不眠といった自律神経症状が出てきたり、背骨が歪み硬くなることで呼吸が浅くなります。

呼吸が浅かったり、睡眠が悪かったりすることでご自身の中に備わっている「自然治癒力」が十分に機能せず、せっかくの施術の効果も長持ちしてくれないといった状況が出てきてしまいます。

ゆず鍼灸治療院でのアプローチとして

肩や背中の鍼治療

背中のインナーマッスルの多くが背骨に付着しておりますので、そこへ鍼をおこなっていきます。
凝り固まっている筋肉に鍼が到達すると、「ズシッ」とか「ズーン」として響きがあるかと思います。

そのまま15分程度置いておく(置鍼するといいます)ことで、筋肉の緊張が緩み血流が良くなることで、痛みや凝り、張りといった症状を改善させるように施術しています。

 

さらに血流を良くする必要があった時には、吸い玉(カッピング、吸角)などの方法も取り入れて行う場合もございます。

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

ネット予約はこちら

LINEで予約する

多くの方に選ばれる5つの理由ページへ

施術料金のページへ

当院までのアクセスページへ

背部痛に関する関連記事