半月板からくる膝の痛み

コロナウイルス対策を実施しています

当院が選ばれる3つの理由

写真は左右にスライドできます

1.お悩みやお困りの症状などをしっかりと伺います

1.お悩みやお困りの症状などをしっかりと伺います

※問診・カウンセリングを重視し、より良い施術をご提供いたします。

2.土日・祝日も営業しています

2.土日・祝日も営業しています

※出張・学会参加のため臨時休診の場合がございます。

3.豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分

3.豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分

※近隣にコインパーキングも多数ございます。

口コミサイトにて札幌の5選に選ばれました!

こんなお悩みで苦しんでいませんか?

  • 膝の痛みがよくならない
  • 膝が痛くて階段がつらい
  • 歩きすぎると翌日膝が痛む
  • 病院で注射を受けているがスッキリしない
  • 整骨院に通っているがなかなか膝がよくならない

今すぐ当院にご相談ください

一緒にお膝の痛みを改善しましょう

膝の痛みでお困りの方が当院にお越しになった際におっしゃっていた事を挙げてみました。
「私も同じだ!」と思われた方、どうぞご安心ください。
お膝の痛みでお困りの方を多数改善へと導いております。

 

きっとあなたのお膝の痛みに関しても、早期改善に導く事が可能かと考えます。
ぜひ1度、ゆず鍼灸治療院の施術を受けてみてください。

なぜ他院よりも早く改善できるのか?

その1.ていねいな問診・カウンセリング

問診・カウンセリングの様子

しっかりと丁寧にお話を伺うことで、そのお悩みの根本原因となっている事を推測してからお身体にあった施術をしています。皆さまからのお話の中に改善への大きなヒントがあることもたくさんあります。

その2.奥深くの筋肉の凝りを取り除く

背中への鍼施術

マッサージや整体では届かない「深部の筋肉の凝り」に対して鍼でアプローチしています。深いところの凝りが長引く痛みやしびれなど原因となっていることも多々あります

その3.東洋医学的なアプローチ

東洋医学の鍼灸

あなたが抱えている症状を取り除くことだけでなく、再発予防をしていく必要があります。ツボや経絡といった東洋医学的な考えを取り入れて再発しにくいお身体へ導いていきます。

その4.自宅などでできる簡単なセルフケアの紹介

仕事の合間にストレッチする女性

次回の施術までに自宅や職場でできる簡単なストレッチやマッサージなどをアドバイスします。それぞれのお悩みに合った方法をチョイスすることで、今の症状が悪化してしまうことを防ぎつつ、お身体がより楽な状態を保っていただくためです。

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。予約希望の方は留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。
※携帯番号からの営業電話が非常に多いため着信のみの場合は折り返し致しません。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

LINEで予約する

ネット予約はこちら

そもそも半月板からくる膝の痛みとは

お膝を横から見たイラスト

まずはイラストをご覧ください。
※イラストの字が間違っております。ただしくは脛骨です。

大腿骨と脛骨(スネの骨のこと)とお皿(膝蓋骨)の3つで囲まれた部分を膝関節といいます。
その大腿骨と脛骨の間にあり、関節に加わる衝撃を吸収・分散するクッションのような役割をしているのが「半月板」です。

 

この半月板がスポーツによるケガや加齢による劣化によって、そのクッション的な役割を果たせなくなるためにお膝に痛みをあらわします。
これが「半月板からくる膝の痛み」です。

ちなみに変形性膝関節症という骨の変形によるお膝の痛みと症状に大きな差はありません。

お膝を痛がる方の多くが

階段で膝を痛がる女性

足の筋肉の凝りや固さ、柔軟性不足があります。
さらには左右の足の筋力差、お皿の可動域が小さくなっていたり、股関節や足関節の可動域制限があったり、歩き方や階段の上り下りのクセ、大腿骨に対しての脛骨の捻じれといったご自身では気づかない状態にあることが多いです。

 

膝の周りには前後・内側・外側に大きな筋肉がありますので、その筋肉の凝りや固さを取り除く事が必要になります。凝りを取り除かずに歩行訓練や筋力訓練を行っても、痛みや違和感は減っていきません。

ゆず鍼灸治療院でのお膝へのアプローチ

お膝に鍼施術をしている様子の写真

先にもチラッと説明いたしましたが、まずはキチンと筋肉の凝り・固さを取り除く必要があります
電気療法やマッサージでざっくりとした筋肉の凝りは取り除けても、奥の方にある凝りをピンポイントで取り除くのは難しいのです。

 

その凝りを鍼にてしっかりと取り除いた上で、股関節や足関節、お皿といったお膝の痛みを誘発しているであろう部分にも目を向けていきます。

 

膝関節は股関節と足関節の間に位置するので、意外と他の関節が固くなってしまうことで負担を受けている場合が多いですし、これまでにも股関節や足関節の施術を加えることでお膝の痛みが緩和・解消されるケースがたくさんありました。

 

このようにお膝が痛い=お膝だけをを見るのではなく、負担をかけていたり関連する部位にまで目を向けることで、お膝の痛み・違和感がより早く改善に向かうようにお手伝いしています。

院長からのメッセージ

院長写真

これまでにお膝の痛みや・違和感でお困りの方に多数ご相談いただいてきました。
痛みを引き起こしている原因は様々ですし、みなさまのお身体や生活環境も違います。

 

ですので、私の施術を受けるだけで改善させるのではなく、施術+ご自宅などでのケアを行っていただくことで患者さまと二人三脚で、今お悩みの半月板からくるお膝の痛みを改善していきたいと考えます。

 

お膝の痛みでお困りでしたら、ぜひ1度当院で施術をお受けになってみてください。

早期改善のための3つの要素

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。予約希望の方は留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。
※携帯番号からの営業電話が非常に多いため着信のみの場合は折り返し致しません。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

LINEで予約する

ネット予約はこちら

多くの方に選ばれる5つの理由ページへ

施術料金のページへ

当院までのアクセスページへ