こむらがえり

しんきゅうコンパスセレクションに選出されました

当院が選ばれる3つの理由

1.ていねいで具体的な問診を心がけているから

病院や整骨院、マッサージ屋さんでこんな不満を感じたことありませんか?

  • こちらの話をしっかり聞いてもらえない
  • 難しい言葉で説明されてよくわからなかった
  • なぜこの症状が出ているのか納得いく説明がない
  • どうしたら楽になるのかアドバイスしてもらえない
問診の様子

お困りの症状やお悩みを解決していくためには、しっかりとお話をうかがう事がとても大切であると考えます。

「どんな時につらいのか?」「良くなる時、悪化する時はあるのか?」「どのようなお仕事をしていて、普段の姿勢は?」「どんなスキンケアをしているのか?」などなど、症状・お悩みとは関係ないと思われるようなことも伺っています。

2.土日・祝日も営業しているから

2020年4月のお休み予定

お仕事帰りにも気軽に立ち寄りいただきたく平日は夜8時まで受付、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にも土日、祝日も営業しているためお喜びいただいております。(※)

【完全予約制】のため、ご来院いただいた際は待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

(※出張のため臨時休診の場合あり)

受付時間

3.地下鉄3駅利用可能で通いやすい!

豊水すすきの駅1番出口すぐ

当院は、豊水すすきの駅1番出口を出てすぐ右の細い路地の突き当りのビルの7階にあります。大通駅やすすきの駅出口からも徒歩5分圏内とアクセス抜群です。

近隣には多数のコインパーキングや立体駐車場がございますので、お車でお越しの際はそちらをご利用ください。
(多少料金が違うようですが、30分200円くらいかと思います)

こんな症状で苦しんでいませんか?

  • 夜中に足がつって激痛で目覚める
  • 普段からこむらがえりになりやすく、なんとか解消したい
  • 冬場になるとよくふくらはぎや足の指がつる
  • 妊娠してからよくツルようになった
  • モモの裏や背中などもつったような痛みがでる

今すぐ当院にご相談ください!

こむらがえりって実は筋肉の凝りが関係するってご存知でしたか?

こむらがえりの改善のために一緒に頑張りましょう

当院には、「こむらがえり」でお困りの方・お悩みの方にも多数ご来院いただき、改善に向かわれているのと同時に予防も行っております。

 

「こむらがえり」には様々な原因・要因があると言われていますので、施術にて改善することも大切ですが、
・こむらがえりにならないように(ツッてしまわないように)する方法
・万が一、ツッてしまった時の対処法
をお伝えすることも重要であると考えています。

 

普段からふくらはぎがつり易かったり、妊娠してからふくらはぎがつりやすいといったことでお困りの方はぜひ1度、ゆず鍼灸治療院にご相談ください。

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

ネット予約はこちら

LINEで予約する

そもそも「こむらがえり」とはどういう症状なのか?

ふくらはぎが痛む人の写真

こむらがえりとは、何らかの原因によって筋肉の伸び・縮みのバランスが崩れ、筋肉の痙攣が起こる事です。よく「足がつった」といった言葉を聞くことがあるかと思います。
ふくらはぎに起こる場合が非常に多いですが、モモの裏や足の指、首すじや腹筋といった場所にも起こりますので、筋肉でしたらどこでも起こりうると考えられます。

 

 

「夜中にふくらはぎや足の指がつって激痛で目が覚める」
「1度つるとしばらく痛みで動けなくない」
「治まるまでじっと耐えていた」
といったお声をよく聞きます。

 

こむらがえりが起こると強い痛みを伴うとともに、しばらく思うように動けなかったり1週間くらい名残があったりと辛いですよね。

こむらがえりが起こる原因は!?

主な原因としては、

  • 筋肉が凝り固まっている
  • 筋肉が疲れている(筋疲労)
  • 水分不足による脱水
  • 身体の冷え
  • 妊娠による下肢への血流不足
  • ビタミン・ミネラル不足
  • ヘルニアや狭窄症といった背骨の問題がある

などが挙げられます。

 

さて、あなたがお困りのこむらがえりは「何が原因で」起こっているのでしょうか??
その原因をきちんと分析していくことがお悩み解決の第1歩になると考えます!!

病院やよくある整骨院での一般的な対処法

こむらがえりが起こってしまい病院やよくある整骨院にいくと一般的な対処法として、

・湿布や芍薬甘草湯(漢方薬)の処方
・温熱療法や電気療法
・マッサージ
・ストレッチ
といったことが挙げられます。

 

もちろんこれらの対処で改善している方もいらっしゃいますが、なかなか改善していない方やこむらがえりが起こる頻度が多くなっている方もいらっしゃいます。
先ほども申したように、それぞれの原因がみな違うからです。

当院での「こむらがえり」に対するアプローチ

足への鍼施術の様子

「こむらがえり」に対して当院で行える施術としては、

  • 筋肉の凝り・固さ
  • 筋肉疲労
  • 冷えや妊娠による血流不良

が原因にの場合が可能です。

 

こむらがえりになってしまった場所に対して施術を行うことが多いですが、その他にも原因や要因が考えられる場合は、そちらの部位に対しても施術しています。
例えば、腰のヘルニアや脊柱管狭窄症などが絡んでいる場合にはそちらの部位へも施術していくべきだからです。
その他の原因の場合に関しても、何が原因で起こっているのか一緒に分析してアドバイスすることは可能です!!

 

こむらがえりでお悩みの方、ぜひ1度ゆず鍼灸治療院で施術をお受けになってみてください。

再発防止のためのセルフケアもアドバイスしています

ふくらはぎをマッサージする女性

施術を受けいただき改善することも大切ですが、再発予防と万が一再発した場合の対処法をキチンとご説明・アドバイスさせていただきます。

 

他の症状・お悩みの方に対してもそうですが、施術を受けられてから楽な時間・期間がより長くなるように、その方のお身体に合ったセルフケアをアドバイスすることを心がけています。
「ちょっと今日は痛いな」とか「いつもよりも体がキツイな」なんて感じた際にぜひ取り入れてくださればと思いお伝えしています。

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

ネット予約はこちら

LINEで予約する

多くの方に選ばれる5つの理由ページへ

施術料金のページへ

当院までのアクセスページへ

こむらがえりに関する関連記事