脊柱管狭窄症

コロナウイルス対策を実施しています

コロナウイルス対策を実施したうえで、皆様のご来院をお待ちしております。

当院が選ばれる3つの理由

写真は左右にスライドできます

1.お悩みやお困りの症状などをしっかりと伺います

1.お悩みやお困りの症状などをしっかりと伺います

※問診・カウンセリングを重視し、より良い施術をご提供いたします。

2.土日・祝日も営業しています

2.土日・祝日も営業しています

※出張・学会参加のため臨時休診の場合がございます。

3.豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分

3.豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分

※近隣にコインパーキングも多数ございます。

口コミサイトにて札幌の5選に選ばれました!

こんなお悩みで苦しんでいませんか?

  • 腰や足がつらくて座りたくなる
  • 続けて長い距離を歩けなくなった
  • 腰や足が辛くて長時間立っていられない
  • 歩いたら痛くなり、座ると楽になるを繰り返している
  • 腰をかがめて歩くと少し楽だ

当院にご相談ください

一緒に脊柱管狭窄症のお悩みを改善しましょう

安心してください!!
そのような症状でお悩みの方を当院では、多数改善へと導いております。

 

脊柱管狭窄症は放っておいてもよくなることはありません。症状が軽いうちにお身体のケアを取り入れることで手術を回避していきませんか?

 

もしあなたが脊柱管狭窄症でお悩みでしたら、ぜひ当院に1度ご相談ください。
一緒に早期改善を目指して頑張りましょう!

お客さまからの喜びの声

腰から足うらにかけて痺れが酷く

お客様写真
アンケート用紙

腰から足うらにかけて痺れが酷く、時に歩く事が困難になることが有ります。足のむくみも強く先生に治療を受けた後は体がスッキリして楽になり長く歩けるようになり続けています。

70代 主婦 S・Mさん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

なぜ他院よりも早く改善できるのか?

その1.ていねいな問診・カウンセリング

問診・カウンセリングの様子

しっかりと丁寧にお話を伺うことで、そのお悩みの根本原因となっている事を推測してからお身体にあった施術をしています。皆さまからのお話の中に改善への大きなヒントがあることもたくさんあります。

その2.奥深くの筋肉の凝りを取り除く

背中への鍼施術

マッサージや整体では届かない「深部の筋肉の凝り」に対して鍼でアプローチしています。深いところの凝りが長引く痛みやしびれなど原因となっていることも多々あります

その3.東洋医学的なアプローチ

東洋医学の鍼灸

あなたが抱えている症状を取り除くことだけでなく、再発予防をしていく必要があります。ツボや経絡といった東洋医学的な考えを取り入れて再発しにくいお身体へ導いていきます。

その4.自宅などでできる簡単なセルフケアの紹介

仕事の合間にストレッチする女性

次回の施術までに自宅や職場でできる簡単なストレッチやマッサージなどをアドバイスします。それぞれのお悩みに合った方法をチョイスすることで、今の症状が悪化してしまうことを防ぎつつ、お身体がより楽な状態を保っていただくためです。

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。予約希望の方は留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。
※携帯番号からの営業電話が非常に多いため着信のみの場合は折り返し致しません。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

LINEで予約する

ネット予約はこちら

そもそも脊柱管狭窄症ってどんな状態?

腰が痛そうな表情をする年配の女性

まず脊柱管とは、背骨や椎間板などで囲まれた脊髄神経が通るトンネルです。
年齢を重ねると骨が変形してきたり、椎間板や靭帯の問題によって神経が通る脊柱管が狭くなってしまう(狭窄)ことで、神経に圧迫が加わって脊柱管狭窄症の症状が起こります。

 

主な症状としては、

  • 足の痛み・しびれ
  • お尻の痛み・しびれ
  • 腰痛(程度は軽い場合が多い)
  • 間歇性跛行(歩いては休んでを繰り返す)
  • 安静にしている時の痛み少ない
  • 背筋をただすと辛く、前かがみになると楽

が挙げられます。

 

初めての方にカウンセリングしていて、「歩いているとだんだん辛くなってきて、休むと楽になる」という言葉が出てくると、脊柱管狭窄症による症状かなと疑えるほど間歇性跛行が特徴的です。

ゆずで行う脊柱管狭窄症へのアプローチ

腰部への鍼施術

ゆず鍼灸治療院では脊柱管狭窄症に対して、腰やお尻の筋肉をしっかりとほぐしてあげる事が大切と考えます。表面の筋肉ではなく、背骨近くにある深層筋肉いわゆるインナーマッスルを鍼でしっかりとほぐしてあげる事がとても大切であり、必要だと考えております。

 

なぜなら脊柱管狭窄症の手術をされた方の中にも、痛みやしびれが残ってしまい困っていらっしゃる方がいるからです。

 

狭窄している部分は手術して良くなったはずなのに、痛みやしびれが残るとなると深層筋肉が凝り固まりすぎて症状を出しているのではと考えられます。こういった理由で鍼で的確に筋肉をほぐし血流を良くしてあげることで、お困りの症状の改善をお手伝いしています。

院長からのメッセージ

ゆず鍼灸治療院の袴谷です

なかなか良くならない脊柱管狭窄症。
整形外科や整骨院、整体院に行かれた方も多くいのではないでしょうか?
とても不安な毎日を過ごされているかと思います。

 

もちろん難しい症状なので当院に来ていただけたら1回、2回ですぐに良くなりますよ!なんてことは決して言えませんが、それでも信んじて当院に来ていただければ、しっかりと施術させていただきセルフケアも実践していただくことで改善の方向へ導けるはずです。

 

あなたと同じような思いをされた方が当院にはたくさん来院され、みなさん少しずつ体の変化を感じてくださっています。
もし、そのようなお身体を手に入れたいのであれば、ぜひあなたも一度当院までご相談いただければと思います。

早期改善のための3つの要素

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。予約希望の方は留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。
※携帯番号からの営業電話が非常に多いため着信のみの場合は折り返し致しません。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

LINEで予約する

ネット予約はこちら

多くの方に選ばれる5つの理由ページへ

施術料金のページへ

当院までのアクセスページへ