逆子

コロナウイルス対策を実施しています

当院が選ばれる3つの理由

写真は左右にスライドできます

1.お悩みやお困りの症状などをしっかりと伺います

1.お悩みやお困りの症状などをしっかりと伺います

※問診・カウンセリングを重視し、より良い施術をご提供いたします。

2.土日・祝日も営業しています

2.土日・祝日も営業しています

※出張・学会参加のため臨時休診の場合がございます。

3.豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分

3.豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分

※近隣にコインパーキングも多数ございます。

口コミサイトにて札幌の5選に選ばれました!

こんなお悩みで苦しんでいませんか?

  • 産婦人科で逆子といわれた
  • 逆子体操をやっているけど合っているのかな
  • 逆子のままだったら帝王切開になってしまう
  • 足のお灸を勧められてやってみているけど・・・

当てはまる方はすぐに当院にご相談ください

いっしょに頑張りましょう

あなたのお悩み、私にお任せください。
院長の私が必ず施術いたしますので、ご安心ください。

 

いままで「逆子」でお悩みの方が来院され、改善している事例が数多くあります。
逆子に対しての東洋医学アプローチがおススメですので、当院までお気軽にご相談ください。

なぜ他院よりも早く改善できるのか?

その1.ていねいな問診・カウンセリング

問診・カウンセリングの様子

しっかりと丁寧にお話を伺うことで、そのお悩みの根本原因となっている事を推測してからお身体にあった施術をしています。皆さまからのお話の中に改善への大きなヒントがあることもたくさんあります。

その2.奥深くの筋肉の凝りを取り除く

背中への鍼施術

マッサージや整体では届かない「深部の筋肉の凝り」に対して鍼でアプローチしています。深いところの凝りが長引く痛みやしびれなど原因となっていることも多々あります

その3.東洋医学的なアプローチ

東洋医学の鍼灸

あなたが抱えている症状を取り除くことだけでなく、再発予防をしていく必要があります。ツボや経絡といった東洋医学的な考えを取り入れて再発しにくいお身体へ導いていきます。

その4.自宅などでできる簡単なセルフケアの紹介

仕事の合間にストレッチする女性

次回の施術までに自宅や職場でできる簡単なストレッチやマッサージなどをアドバイスします。それぞれのお悩みに合った方法をチョイスすることで、今の症状が悪化してしまうことを防ぎつつ、お身体がより楽な状態を保っていただくためです。

早期改善のための3つの要素

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。予約希望の方は留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。
※携帯番号からの営業電話が非常に多いため着信のみの場合は折り返し致しません。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

LINEで予約する

ネット予約はこちら

なぜ逆子になるのか?

妊婦さんの写真

お腹の中でスクスクと成長している赤ちゃんは頭の位置が下(恥骨の方)を向いていることが理想的とされています。それが何かしらの原因によって逆子(骨盤位)となってしまうことがあります。逆子の場合は安全を考慮して帝王切開となってしまいます。

 

逆子になってしまう原因の1つとして、妊娠中もデスクワークなどを続け背中や腰を丸めた姿勢でいる時間がながくなってしまう事で起こると私は考えております。
姿勢を整えるようなアプローチをして逆子を戻しましょう!

逆子体操を行う目的

妊婦さんの逆子体操のイラスト

逆子とわかった時に担当医から「逆子体操してね!」なんて冊子なんかをもらいませんでしたか?
ざっくりと体操の方法が書かれていたと思いますが、何を意識して行ったら良いのか書かれていませんね。

 

さきほど逆子は「背中が丸い」ことが関係していると書きましたが、ここがポイント!なのです。
お腹が大きくなることに加えて、デスクワークなどで長時間座っていたりすることで背中や腰骨が丸まってしまい、反れなくなってしまうことが原因と考えます。

 

ですので、逆子体操を行う目的は硬くなった背骨をキチンとそらせるようにする事だったのです。

ゆずの逆子に対するプローチ

  • 妊婦さん用のクッション
  • 妊婦さん用のクッションでうつ伏せも可能

写真のようなクッションを使えば、妊娠中でもうつ伏せになれます。うつ伏せになることで赤ちゃんの重さが床方向にかかるので、自然と腰が少し反り気味になりますし、「久々のうつ伏せ~(^^♪」と喜ばれ、寝てしまう方もおります。

 

まずは土台作りとして、背中や腰のどの部分が硬くなり反り返れなくなっているの部分を見つけて、その周りの凝りを取りのぞく様に鍼でアプローチしていきます。
また横向きで腰を反らせたり、ももの前をストレッチするような方法を用いてお腹のスペースを広げ、赤ちゃんが回りやすい環境を整えてあげています

 

次に鍼灸師なら誰でも知っているであろう、「至陰」という足の小指先にあるツボにお灸や火鍼をして熱刺激を加えます。
このツボはご自身でお灸を据えることも可能ですので、ご自宅で行っていただけるようにアドバイスいたします!
(ドラッグストアで販売されているせんねん灸を用いてケアが可能です)

 

このようなイメージで施術をしています。

院長からのメッセージ

院長プロフィール写真

ここまでお読みいただきあいがとうございました。
ゆず鍼灸治療院の袴谷と申します。

 

初めての妊娠の方はとても大きな不安を抱えていると思います。
残念ながら男性の私には計り知れませんが、私も子育て中ですので、少しでも寄り添った施術ができればと思っております。

 

逆子でお困りでしたらぜひ、ゆず鍼灸治療院にお気軽にご相談ください。

お電話での予約はこちら

施術中でお電話に出られない場合がございます。予約希望の方は留守番電話にお名前とメッセージを残してください。折り返しご連絡させていただきます。
※携帯番号からの営業電話が非常に多いため着信のみの場合は折り返し致しません。

 

【 営業時間 】
火曜~金曜日:13時~20時
  土日・祝日 :10時~18時
【 定休日 】
毎週月曜日(学会参加や出張のため臨時休診の場合あり)

LINEで予約する

ネット予約はこちら

多くの方に選ばれる5つの理由ページへ

施術料金のページへ

当院までのアクセスページへ

逆子に関する関連記事