妊婦冷え症

こんにちは!
ゆず鍼灸治療院の袴谷です。
旭川へ移動中のバスで書いております。
高速ですが、ガタガタと揺れてタイピングしにくい・・・誤字脱字あったらご勘弁ください!

さて当院のHPをご覧いただく方で「妊娠中」「妊婦」「お灸」なんてワードで検索されている方が多いようです。本日は当院で扱っているお灸をご紹介させてください。

陶器灸

最近では煙のでないせんねん灸なんてのも販売されておりますが、やはり着火する際には多少煙がありますね。なにか優れたものはないかなとインターネットを駆使して色々と探してみたところ、2年ほど前でしょうか、『陶器灸』なるものを見つけました。それが左の写真!!
 


左側の小さい炭に火をつけて、5分ほど燃やしてます。きちんと火がついたところで、筒の中に炭を入れて筒を移動させながら使います。
この陶器灸の優れた点は、
・煙やにおいがでないこと
・1時間くらい温かいこと
・洋服の上から温められること
・熱量としては、筒底を直接触るとアチッとなるくらい温まること

以上の点でもぐさ灸やせんねん灸よりも優れており、愛用しております。もし施設の都合で着火することもできない場合には、ホットプレートの様なもので陶器の底を温めて使うことも可能ですので、基本的にはどの場所でも使用できるかと思います。妊婦さんがお灸をされるということは、逆子の灸かな?それとも足が冷えていたりするのでしょうか。以前診させていただいた逆子でお困りの女性は、すごく足が冷えておりましたが、ご本人様はこれが普通だったようで気にされておりませんでした。しかし逆子を戻すためにも冷え対策、セルフ陶器灸を毎日行ってもらったことで、結果的に頭位に無事戻り自然分娩されたそうです。

またスポーツや運動される方でも大会前のリラックスしたい時に、興奮気味の自律神経を整えたい時に陶器灸で腹部や首肩なんかを温めてあげるとリラックスでき、質のよい睡眠がとれるようになります。


陶器灸はセルフケアとしてご自身で手足や肩なんかにも行えますので、北海道の方々にもぜひご愛用いただきたいものです。
当院では陶器灸を使ったセルフケア方法もアドバイスしておりますので、ぜひお問合せください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分、ゆず鍼灸治療院