鍼灸について

筋肉や関節の痛み・コリ

 当院の鍼灸施術は、筋肉や関節の痛み・コリ、こわばり、シビレなど筋骨格系の問題でお困りの方に多くご利用されています。整骨院やマッサージ院に行かれたが、なかなか症状が改善しないという事でお越しになる方もおります


□ 腰痛、坐骨神経痛(ヘルニアからくる症状も含む)
□ 首・肩こり(腕のシビレ、チリチリとした感覚異常も含む)
□ 五十肩、肘や手首の痛み、腱鞘炎
□ 背中やお尻の痛み、コリ、張り
□ 肉離れ、こむら返り、足のシビレ、捻挫後の後遺症
□ 頭痛、生理痛  など

 

このような症状をお持ちの方々にご相談いただいております。


どんな施術!?

鍼灸には様々な流派、考え方がございます。お客さまのお身体が症状なく健康な状態になればどのような施術・方法でも構わないと思っております。私も整体やオステオパシーなども勉強しております。



ゆず鍼灸治療院では、筋骨格系(運動器疾患)の諸問題でお困りの方に多くご利用いただいていおりますので、痛みやコリ、関節痛などのある局所に鍼灸施術していくことがとても多いです。


当院の鍼灸施術の考え方としては、
痛みやお困りの症状を改善するために表面の筋肉のみならず、深いところにある筋肉や関節にしっかりと刺激をする必要があると考えています。長めの鍼を使用することが多く(細く短い鍼のご用意もあります)、そのため刺激量は「やや高め」です。「ズーン」とか「ズシッ」というような”響き”を感じることが多いかと思いますが、それは筋肉が固く縮こまっている証拠であり柔軟な筋肉であればそのような響きも少ないと考えています。鍼を深く刺すことでしっかりと筋肉や関節にアプローチをし表面の筋肉だけでなく深部の筋肉も柔軟にし、血液循環を高め老廃物が流れやすくし(”サビ落とし”とお伝えするとイメージしやすいでしょうか)、痛みなどの症状を軽減することを最大の目的としています。



※鍼灸を初めてお受けになる方には、細く短い鍼の使用をしていきます。その方の症状や体格、緊張などを考慮して刺激量を考えながら行いますのでご安心ください。


施術前後の注意点

・睡眠不足や疲労困憊、体調不良などの状態で施術を受けられると「貧血」のような状態(クラクラしらり、冷や汗がでたり等)になる可能性があります。予約当日へむけて体調管理にご注意ください。

施術当日は『禁酒』です。施術にて血液循環がよくなっていますので、悪酔いされます。また施術の効果も低下しますので施術当日は禁酒です!ちなみにタバコも同様です。

・施術をお受けになった後は、2時間くらい横になって休んでください。お仕事や運動、スマホ操作も可能な限り控えてください。

十分な水分補給をしてください(目安としては1時間ごとにコップ1杯のお水、白湯)。

・血液循環が良くなりますので、お身体がダルくなったり、筋肉痛のような状態を感じるかもしれません(当日~2日間くらい)。筋肉が硬くなりすぎている方に多いです。

・当日は入浴しても大丈夫です。ただし長風呂やサウナは控えてください。

・鍼によって内出血がおこることもあります。青あざと一緒で2週間程度で消えてくれるはずです。

次回の施術は1週間程度でお受けになると効果的です。日にちを空けすぎるとお身体・筋肉が元の悪い状態へ戻ろうするため、振り出しに戻る前に施術を受けられることをおススメします。これまでの生活習慣や悪い姿勢が「脳」にとって都合の良い状態と勘違いしているから元に戻ってくると考えます。

施術後に一時的に症状が強くなったり、別な場所が痛くなったりすることがあります。血液循環がよくなることで、これまで鈍感になっていた神経がしっかりと機能し始めたことと、1番辛かった症状が落ち着くことで2番手であった症状が目立ってきたと考えています。


< 料金システム >


トータルケア(約50分):6480円(税込み)

ポイントケア(約30分):3240円(税込み)

※ポイントケアは1部位の症状でお困りの方にお受けいただいております。慢性的な症状や2部位以上の症状に関しましては、トータルケアにて対応させていただきます。

※当院を初めてご利用の方は別途初診料を頂戴しております。


鍼灸治療

 当院の鍼灸は個々の症状と体調などを考慮し、お客さまの環境と生活スタイルに合わせた総合的な判断で施術を行います。副作用の心配はありません。また衛生面を考慮し、全て使い捨て滅菌済みの針を使用しております。

火鍼・燔鍼

 こちらは当院で使っている『火鍼かしん』。タングステンでできた鍼を火で温めて、熱いうちにチョコンと一瞬だけ刺します。冷えからくる痛み・コリ、神経痛、頑固な腰痛に用いることが多いです。



◇ 鍼灸のイメージ ◇

 一般に鍼灸は病名ではなく病態の改善をしていけます。例えば子宮筋腫自体を治せなくても、その症状である生理痛や下腹部痛、腰痛などの諸症状は比較的短期に改善します。はじめは病気共存の状態としても、体調や体温、ストレス対策をしてお身体を良い状態で維持することにより筋腫自治も治っていく事さえあります。

イメージとしては、

鍼灸治療2

1.病気に負けて症状に苦しんでいる状態
2.病気は存在するが、症状は無くなり共存している状態
3.病気の症状と病気自体も無くなり、完全に楽な状態

全ての病気において3.を目指すのは難しい事例もありますが、鍼灸を行う事によって、2.の状態や1.と2.間の状態をまずは目指す事が出来ます。その他、自律神経失調症や病院では病名が付かない物の、何かしらの不調に悩んでいる様な状態の時にもお気軽にご相談ください。

 



健康保険で鍼灸を受けたい方へ

保険鍼灸治療
詳細はバナーをクリック

 当院では、ご高齢や身体的な理由により歩行困難の方に対してのみ健康保険を使った訪問施術も行っております。
 かかりつけの医師からの同意書が必要であったり等、条件がございますので詳しくはバナーをクリックして、保険治療のページをご覧ください。