どこにお灸をやれば効くのか

陶器灸で身体を温めよう!

ゆず鍼灸治療院の袴谷です。
患者さまが予約の時間に来ないのでブログを書き始めました(>_<)電話もつながらないので、事故にでもあってないだろうかと心配になってしまいます。


さて当院で扱っている『陶器灸』。本当に優れものなのです☆
陶器灸は洋服の上からもできる!!
1時間以上も陶器の温かさが続く!!
最近では遠赤外線効果の高いブラックシリカを練りこんだモノまで作って頂けるようになり、当院では本当に重宝しております。
またやっぱり火を使うのはちょっと怖いし、何かあったらどうしよう・・・と思いの方には酒燗器やホットプレートのような電気で温める器械の上で温めてから使うことも可能なんです!これですと老人ホームや公民館といったところでも使用できるので、本当にありがたいです(^_-)-☆

 


どこにやればいいの?

どこにお灸をすえるのが良いのでしょうか?
これは多くの方からご質問いただく事で、どこにお灸したらいいのかわからないといったお声が聞こえてきそうです。


当院でアドバイスしていることを簡単にまとめたいと思います。
まずは『不調の感じているところ』がベストですね!打撲した直後とか傷口があるところはNGですが、基本的にはまず不調なところを温める。これがもっともシンプルで、ご自身としても気持ちいい~となるかと思います。

次に『冷えているところ』をやってみましょう!ご自身の手より冷たいところに当ててみたり、冷えやすい手足先にもGOOD。冷えている感覚が温まるまで数回に分けて行いましょう。せんねん灸をお使いの方も1度ではなく、しっかり温かさが感じられるまで繰り返し行う必要があります。陶器灸の場合には熱いくらいになるので、別な場所を数か所行ってから、再度最初の場所に戻ってと繰り返してみてください。本当に身体全体が温まりますよ^^

最後は『ツボ』を探してみてそこに当てる。少し難しいですが、お灸に適しているツボは少し凹んでいるようなところです。皮膚をゆっくりと撫でてみて凹んでいるようなところを探してみましょう。我々がツボを探す際には、だいたいの位置は決まっているのですが個人差がありますので皮膚を撫でてみたり、カサカサしていたりするようなところを探しているのです!!ちょっと難しいですがぜひ探してみてくださいネ。

せんねん灸

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ゆず鍼灸治療院の袴谷でした。
https://www.yuzushinkyu.com/