美容鍼は小顔効果があるのか?

美容鍼をご希望される方で小顔効果を求めてお越しいただくこともございます。たしかに美容鍼をすることでお顔のムクミやたるみが減り、シュッとなることでお顔が小さくなったと感じる方もいらっしゃいます。
ただし残念ながら万人の方が小さくなったと実感できるわけではありません。
今回のblogでは美容鍼で小顔効果が期待できる場合と期待できない場合とをご紹介していこうと思います。

お顔が大きくなる原因は?

お顔を小さくしたいと思っている女性は非常に多いかと思います!
小顔を反対に考えるとお顔が大きくなってきた、もしくは大きく見えてしまうということですよね!?


お顔が大きくなってしまう要因として考えらるものを挙げてみたいと思います。

・お顔のムクミによって大きく見えている場合
・お顔のたるみによって大きく見えている場合

・食いしばりによって噛む筋肉が発達しお顔の輪郭が大きくなってしまった場合
・もともとの骨(骨格)の大きさ・太さの問題
・単純に太ってしまった場合
などが考えられます。

美容鍼が有効なのは!?

上記に挙げたお顔が大きくなってきてしまう要因のなかで、美容鍼を行うことで小顔が期待できるものとしては、
・ムクミによるもの
・たるみによるもの
・噛む筋肉が発達してしまったケース
の3つですね(>_<)

 

残りの2つの要因(骨格の問題、太ってしまったこと)が期待できない理由としては、鍼をさすことで骨が小さくなることは考えられない点、刺すだけで痩せるとも考えられないので残念ながら美容鍼での小顔は期待できないでしょう。

むくみによるもの

むくみとは、血管からしみ出した水分が細胞の間に溜まってしまう状態を指しますが、余分な水分摂取や塩分の取りすぎ、運動不足などによって起こるとされています。さらにはアルコール摂取によってもむくみが起こります。
むくみによってお顔が大きくなっている場合には、美容鍼を行うことで循環・代謝をUPさせてお顔が小さくなった感じもあるでしょう。ただし、上記にも記載したように生活習慣を見直していくことでのムクミ対策は非常に大切になりますね(^_-)-☆

たるみによるもの

たるみによってお顔が大きくなっている場合は、表情筋の筋力低下や萎えてしまっていることが考えられます。表情豊かな欧米の方々に比べると日本人は表情が乏しいですし、日本語も表情筋を動かさない言語とも言われています。こういったことにより表情筋の筋力低下や衰えがたるみにつながっていくと考えられます。

 

ゆず鍼灸治療院へ美容鍼にお越しになる方のお悩み第一位は「たるみ」と思われますが、間違ったケアをしていませんか??
来院された方にお聞きしていることは、「お顔をゴリゴリマッサージしたり、強く引っ張るような事を行っていませんか???」と尋ねています。

 

お顔の皮膚って非常に薄いので、ゴリゴリさせるマッサージや強く引っ張るような事を続けていると『確実にたるみます』のでご注意ください!!
フェイシャルエステやコルギなどその技法にもよると思いますが、受けるのであればソフトな優しい施術を受けられるところをおススメしていますよ(^^)/

もっとも厄介な

このblogを読んでくださっている方!今、奥歯を食いしばっていませんか?
意外と多いのが最後の「食いしばりなどによって噛む筋肉が発達」してきてしまった方!当院にも気づかないうちに食いしばってしっている方が非常に多いです。おそらく無意識うちに奥歯に力がはいっているのだと思います。寝ている間に歯ぎしりをされている方もおそらく、起きて活動されている時にも奥歯が接触して食いしばっているかとお伝えしています。

 

奥歯に力がはいっているという事は筋トレしているということですので、咀嚼筋といわれる噛む筋肉が発達していまいお顔が大きくなってしまうと考えられます。

 

特にフェイスラインが四角くなってきた方やエラが張ってきた方は要注意です!!
美容鍼で噛む筋肉へ刺して筋肉を柔軟にしていくのですが、普段の食いしばっていることにご本人が気づき、歯と歯の接触をさせないようにするか、心がけるかがとても大切です。背中が丸いとか猫背とかを気にされて姿勢を正すように心がけるのと一緒です!!いかに気にするかだと思います。

 

無意識に行ってきた食いしばるというクセを修正していくことは非常に難しいです。だってご本人が気づいていないんだから・・・。ただ、お顔が大きくなってきたといったお悩みがあるのでしたら気にかけてみてください。きっと肩こりや頭痛も和らいでくれると思いますよ(^ ^♪

噛みしめ

このblogを読んでくださっている方!今、奥歯を食いしばっていませんか?
意外と多いのが最後の「食いしばりなどによって噛む筋肉が発達」してきてしまった方!当院にも気づかないうちに食いしばってしっている方が非常に多いです。おそらく無意識うちに奥歯に力がはいっているのだと思います。寝ている間に歯ぎしりをされている方もおそらく、起きて活動されている時にも奥歯が接触して食いしばっているかとお伝えしています。

 

奥歯に力がはいっているという事は筋トレしているということですので、咀嚼筋といわれる噛む筋肉が発達していまいお顔が大きくなってしまうと考えられます。

 

特にフェイスラインが四角くなってきた方やエラが張ってきた方は要注意です!!
美容鍼で噛む筋肉へ刺して筋肉を柔軟にしていくのですが、普段の食いしばっていることにご本人が気づき、歯と歯の接触をさせないようにするか、心がけるかがとても大切です。背中が丸いとか猫背とかを気にされて姿勢を正すように心がけるのと一緒です!!いかに気にするかだと思います。

 

無意識に行ってきた食いしばるというクセを修正していくことは非常に難しいです。だってご本人が気づいていないんだから・・・。ただ、お顔が大きくなってきたといったお悩みがあるのでしたら気にかけてみてください。きっと肩こりや頭痛も和らいでくれると思いますよ(^ ^♪

まとめ

本日は「美容鍼は小顔効果があるのか?」というテーマで綴ってみました。
いかがでしたでしょうか?

 

ゆず鍼灸治療院@袴谷の見解では、
・ムクミによるもの
・たるみによるもの
・食いしばりによるもの
これら3つが要因でお顔が大きくなってしまっている場合には、美容鍼で小顔効果が期待できると思っております。
ただし美容鍼をした日からそのまま小顔で形状記憶されることはないでしょう。ご自身の生活習慣や運動習慣、スキンケアの徹底、クセなど見直していかないと良い状態を保てないのではないかと思います。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
このblogが美容鍼を試してみようか迷っていらっしゃる方の手助けになればと思い綴ってみました。
ゆず鍼灸治療院@袴谷
美容鍼はこちら