美容鍼で行っていること①

ゆず鍼灸治療院の袴谷です。
昨日は休診日でしたが、朝から体調がイマイチ・・・、はい風邪ひきました((+_+))
咳と鼻水、ノド痛、微熱があり節々がダルイです。
先ほど治療院にて「刺絡」という施術を自分自身で行ってみたので、喉の痛みは軽減したものの、咳はなかなか取りきれませんね(-_-;)
皆さまも体調管理にご注意くださいませ!!


美容鍼で行っていること

なぜ、美容鍼を行うのか!?

①モチモチお肌

本日は①モチモチお肌についてご説明いたします。
お顔に鍼を刺すことで、皮膚や皮下組織、筋肉に刺激が加えられます。ここでは筋肉(表情筋)に絞ってご紹介していきますね!


筋肉に刺激が加わることで、柔らかくなりすぎた筋肉は引き締まり、表情グセや偏った使い方(くいしばりなど)により凝り固まってしまった筋肉は柔らかくなろうと働きます。
「えっ!?柔らくなったり引き締まったりとどちらにも作用するの?」と聞こえてきそうですが、
鍼灸は、その方にとって必要な刺激を加えることで個々のお身体やお顔の状態に合わせて作用してくれます!!もちろん我々施術家の技術や方法によって、どちらに作用させたいか意図をもって施術も行っておりますよ(^_^)

たるみ・凝り→鍼

年齢や紫外線対策の怠り、間違ったスキンケア、保湿不足などなどにより、たるんでしまったお肌を引き締め&たるみを食い止めるために美容鍼がおススメです!また筋肉が凝ってしまった状態や固くなって動かしにくい方にも美容鍼がおススメということになります。
声優さんや声楽家の方など、『声』を大切にされている方にも好評ですね~♫


なかでも『電気を流す美容鍼』が、たるみ対策・凝り対策には1番のおススメをしております。通常の美容鍼は、お顔に鍼を刺し寝てていただくものですが、そこに微弱な電気を流すことでより刺激をしていきます。
電気を流す事での痛みや不快感はございませんので、ご安心ください!!


通常の美容鍼とは違い、「お顔が自然と震えてる」とか「勝手に口角が上がってしまう」といった反応が皆さんから寄せられます(^_-)
初めての施術の際は皆さんが緊張をされてお受けになっていますが、電気を流す美容鍼は慣れてくると寝てしまう方も多いんですよ!!電流のリズムが「副交感神経を優位にするリズム」とされているので、リラックスモードに入ってしまうんですね。

電気を流す美容鍼

したがいまして、たるみや筋肉の凝り(その他むくみや眼精疲労)などには、美容鍼<電気を流す美容鍼をおススメしています。
まだ試したことのない方は、ぜひご相談くださいね(^^)


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
札幌市中央区の『ゆず鍼灸治療院』の袴谷でした。
美容鍼ページはココから