美容鍼の痛みについて

これは鍼灸師あるあるです(笑)。友人と話していても、だいたい「鍼って痛いんでしょ?」と聞かれます。そんな時の私の返答は「僕がマッサージしたらもっと痛いけどね(笑)」と友人には言います。
今回はその『痛み』について綴ってみました!

「チクッ」とした感じ

初めて鍼を体験されるほとんどの方に聞かれる事が、「鍼って痛いんですよね?」という疑問。やはりまだまだ多くの方が、「鍼は痛い、お灸は熱い」といったイメージが先行しているようですね(>_<)

 

たしかに鍼を身体に刺すので、無痛ではありません!!
しかしながら、
逆に全然痛くないとおっしゃる方や、予想していた痛みではない!とおっしゃる方もいらっしゃいます。あくまでも個人の感覚によるところです。

鍼を刺す瞬間が痛いのは、切皮痛といって鍼灸師の技術不足であったり、たまたま毛穴に刺さってしまったりする場合が多いです。


また鍼が皮膚に刺さり、深く刺していく段階で痛いと感じる事があります。これは『響き、得気』と言われていて、チクッとした感覚よりもズシッと重だるいとかズーンとした感じを指しています。お身体の施術で感じる方がほとんどですが、その響きが多いほど筋肉が硬く縮こまっている場合が多く、健康的な柔軟性のある筋肉はその響きが少ないと言われています。

したがいまして
お身体の施術ではこのズーンとした痛み=「響き」があると効果的な施術を行えていると考えておりますので、必要な感覚になります。 

美容鍼の道具

さて、美容鍼に関してはどうでしょうか?
ゆず鍼灸治療院で行っている美容鍼は、写真のような特殊な器具を使って行っています。この器具の中に鍼を1本ずつ入れて、皮膚にしっかりと押し当てて刺していきます。

 

器具をしっかり押し当てことで、鍼のチクッとした痛みを軽減させるためにこのような方法を導入しております。それでもお顔の中心や目の下、おでこなどはお肉が薄い部分なので、他の所よりは「チクッ」感が強いかと思います。
ただし美容鍼では深く刺すことは稀ですので、上記に綴った「響き」はほとんどないとです!

お客様の体調にもよる

お客様の体調がすぐれない時には、痛みや不快感が出やすいかと思います。
特に睡眠時間の不足や質が悪いと、お身体の疲れが取りきれていないので、より敏感になってしまっているようで、「チクッ」感をはっきり感じてしまうようです。

 

また生理前や生理中もお身体の感覚が敏感になっています。ですので普段よりも痛みがあったと言われていまうことがありますが、生理前後に美容鍼を行ってはダメということではありませんからね(^^♪

 

最近、しっかりと眠れていますか?朝起きて疲れが取れていますか?
美容鍼をお受けになる前後は、しっかりと眠れるようにそれぞれ工夫してみてくださいね(^_^)

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ゆず鍼灸治療院の袴谷でした。
美容鍼ページはこちらから