治療後に身体がダルくなってしまった

治療後にダルくなった、しんどくなった・・・

せんねん灸
針治療

 初めて治療を受けられる方、久々に治療を受けられる方に出やすい傾向にあります。これまでに凝り固まっていた筋肉や暴飲暴食、ストレスなどで疲労困憊になっていた内臓が、鍼灸や整体治療によって活発に動き出し、一時的に血液循環がよくなった証拠でもあります。血液循環がよくなったことで、疲労物質や毒素などがその血流に乗って排出されますが、その際に身体がダルくなったり何となくしんどくなったりすることがあります。


 例えるならば、旅行中は大丈夫だったのに、帰宅すると緊張の糸が切れ心身が解き放たれたようにドッと疲れが出てくるのと一緒です。

 


 施術する側としても、初めての方には最新の注意を払いつつ行っておりますが、お困りの症状を少しでも緩和するためにはある程度の刺激も必要になります。
 非常にさじ加減が難しい所ではございますが、ダルくなったなどの反応がでることは、症状の変化は置いておき、治療は上手くできているとも判断できますのでご安心くださればと思います!!

 

 
 施術当日は、お身体をゆっくり休めるための良い機会だと思って、お仕事や家事はほどほどにして十分な休息・睡眠をとるように心がけましょう!また水分補給をこまめに行い、トイレに行く回数を増やしてあげるようにして、身体から不要なものを排出してあげるように心がけるとより早くダルさなどが抜けますので、頭の片隅に置いておいてくださいね(^-^)