鍼とカイロプラクティック

こんばんは!
ゆず鍼灸治療院の袴谷です☆



日曜日はお休みを頂きまして、セミナーへ参加してきました。

当院でも行っている『てい鍼(刺さらない鍼)』を使って、頸椎や腰椎といった背骨を調整する鍼を教わってきました。
簡単に説明すると背骨の調整を得意とするカイロプラクティックを手ではなく、鍼で行ってしまおうという考え方です☆

 

第一頚椎の重要性

頸椎のなかでも1番上にある第一頸椎(C1)を調整することの重要性を教わりました。


C1は、脳からの指令を脊髄を通して身体の左右に分かれて特定部位とつながり、また臓器や細胞組織からの情報を脳に伝えている。脊髄神経の元締めである首の第一頸椎は『水道の蛇口』のようなものと表現されています!

このC1は重力の影響やデスクワークによる不良姿勢などにより、歪みや左右いずれかにずれてしまっている場合が多いのです。頸椎が歪むと神経の通り道が細くなり、神経の流れが乱れることで病気や体調不良を起こす原因となっているとお話しされる方もいらっしゃいます。



この第一頸椎を正しい位置にすることで、脳からの指令が正しく伝わり自然治癒力が高まるとともに、自律神経のバランスを整えることが可能なんですね~(^_-)

そのように重要な第一頸椎を調整するために作られた『SK打鍼』

 

打鍼という施術

SK打鍼

治療の流れとしては、仰向けで第一頸椎の歪み(変位)をチェックと足の長さの違いを左右比べておきます。
そのチェックにもとづいて第一頸椎に刺さらないSK打鍼を当てて、木槌でトントン。

以上で終了・・・(笑)ホントにこれだけなんです。

 
今回受講した治療家同士でも行ってみましたが、あれこれと鍼したりお灸したりするよりも、ご本人のお身体の回復をそっと待つように寝ていてもらったほうがお身体がスッキリ!!
私もその夜はグッスリ眠れて、翌朝も気分爽快♬
第一頸椎を調整することの大切さを実感させて頂きました(^_-)



当院でもこの『SK打鍼』を取り入れて鍼灸とカイロプラクティックの融合させて患者様のお身体をメンテナンスさせていただこうと考えております。

美顔鍼の前にこちらで頸椎や身体の歪みを整えることもしていこうかなと考えております☆



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ゆず鍼灸治療院 袴谷でした。