ニキビの種類について

ゆず鍼灸治療院の袴谷です。


当院では美容鍼も行っておりますので、お肌トラブルでお悩みの方も多くいらっしゃいます。とくにニキビのご相談が多いのですが、一時的なニキビならまだしもクレーターのような痕(跡)になってしまうと厄介ですよね!!治しようがない・・・(>_<)
当院でニキビ跡対策を得意とするのは、『美肌鍼』なのですが・・・といった宣伝は置きつつ(^^)、ニキビって5段階あるのはご存知でしたか?
今回はニキビについて綴ってみたいと思います。



①白ニキビ
~ニキビの初期段階とされている状態で、毛穴に詰まってしまった皮脂や汚れ、お化粧などの残りによって毛穴の内側から盛り上がってしまった状態です。炎症を起こす前の段階なのでしっかりとした対処が肝心!生活習慣の見直しも大切です。背中ニキビとして発症する方も多く、見えないので気づくのに遅れてしまいがちです。


②黒ニキビ
~皮脂が過剰になり毛穴に詰まることでアクネ菌(常在菌の1種)が繁殖するとともに、皮脂が空気中の酸素により黒く酸化してしまった状態です。ニキビを改善しようと何度も洗顔するとお肌の皮脂が失われ乾燥がキツくなります。乾燥すると逆にお肌の潤いを取り戻そうと皮脂分泌が過剰になるといった悪循環になります。


③赤ニキビ
~皮脂が大量に毛穴に詰まり、それを栄養とするアクネ菌の増殖により、お肌が刺激され炎症が起こってしまった状態です。本来皮脂はお肌に潤いを与えるとともに、ホコリや菌などの外敵から防御する働きがあります。不規則な生活や過剰な洗顔などにより皮脂分泌が過剰になり、さらに気にしすぎて手で触ってしまうことで炎症に発展してしまうケースが多いです。まずは炎症の鎮静化が必要になります。


④黄ニキビ
~赤ニキビが悪化した状態のことです。赤ニキビの状態で放置したり、間違った対処法で悪化させてしまい起こることが多く、赤く腫れあがり痛みも生じるようになると、膿を持った黄色ニキビに変化してしまうのです。炎症が肌の深部にまで生じている状態なので、触って潰してしまうとニキビ跡(痕)がクレーター状に残るケースが多いので要注意です!!


⑤紫ニキビ
~炎症を繰り返すことで皮膚の深部にまで進行し、そこに膿やオ血が溜まった状態になることで、皮膚表面にしこり状の赤黒い塊が出てきます。これが紫ニキビの正体です。紫ニキビは生活習慣の乱れもさることながら、冷え症やホルモンバランスの乱れにより新陳代謝が低下して、身体の老廃物の排出が上手くできなくなった状態でおこります。最もニキビ跡が残ってしまいやすいです。



以上のように5種類ものニキビタイプがありましたが、やはり生活習慣の見直しが大切ですね!
食事(内容と美味しく食べられているか)
睡眠時間と質
排泄(小便、大便)の量と滞りがないか
適度な運動(定期的に運動していますか?)
ストレス対策(ご自身のストレス発散は何ですか?)
冷え対策(冷え対策は夏場から)


それぞれどれか一つでも怠るとお身体の状態が悪くなり、ニキビや肌荒れといったトラブルが現れてくると考えております。総合的な対策を立てることで、トラブルを未然にもしくは最小限に抑えることができます。これはお肌に限ったことでなく、体調やお身体の状態にも言える大切な事です。すべてを一辺には出来ないかもしれませんが、まずは一つずつ見直しと対策をすることから始めてみてはいかがでしょうか?


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分、ゆず鍼灸治療院の袴谷でした。
美容鍼ページはこちらから