肉離れに鍼灸治療

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ゆず鍼灸治療院の袴谷です。

 

 

 

さてさて本日は肉離れについ綴っていこうと思います。
『肉離れ』という言葉は聞いたことある方も多いかと思いますが、実際のところはどのような状態なのかと申しますと、 筋肉がギュッと縮こまった瞬間に、筋肉繊維の部分または全体が断裂することを言います。いわゆる筋断裂と同じことになります。

 

 

発症しやすい部位として、ももの裏(ハムストリングス)やふくらはぎといった下肢に多く起こります。特に短距離をダッシュしている時に起こりやすく、陸上競技だけでなく、野球、ラグビー、テニス、サッカー、バスケットボールなどが多く、バレーボールのようにジャンプ動作を繰り返す競技やバドミントン・卓球といった左右に素早いフットワークを必要とする競技でも起こります。

 

 

ウォーミングUPやストレッチを入念に行って筋肉の柔軟性を高めておくことはとても重要になり、疲労の蓄積や水分不足なども関係すると考えられています。

 

 

 

当院では、肉離れになってしまった患者様には安静とアイシングと圧迫固定(テーピング・包帯など)を基本とする処置を行い、早期回復をさせる目的で鍼灸治療と筋膜リリースを行っていきます。
 肉離れした患部より離れた部分に鍼灸・筋膜リリースを行うことで、患部以外にかかる負担を軽減しておくことで再受傷を防ぎます。
患部の熱や腫れが引いてきましたら、患部にも鍼灸をしていきます。 刺した鍼に軽い電気を流し筋肉のポンプ作用をさせ循環を良くすることで、患部の筋肉の修復を促していく治療をしています。
そうすることでより早い競技復帰を目指した治療をしています!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分のゆず鍼灸治療院でした。

ホームページはこちらから