井穴刺絡治療

豊水すすきの駅1番出口より徒歩1分、ゆず鍼灸治療院です。
2016年も残りわずかとなってきました。お仕事だけでなく大掃除や忘年会などでお身体がお疲れになっていませんか??くれぐれもご注意くださいね!

 

 

当院では『刺絡治療』という方法も取り入れております。
これは患者さまの病態や症状に応じて特殊な針を用いて、少量の血液を放出して経絡(ツボのつながり)の気血の運行を改善し、症状の改善を計る方法です。その中でも井穴といわれる爪の傍にあるツボに対して刺絡治療を行う方法を『井穴刺絡』と言います。

 

 

この井穴のある末梢部位は、心臓より遠く離れ寒冷に影響されやすいため、血行障害を起こしやすく、循環器系の負担が増大し血圧の異常をきたすとともに体温調節の障害ともなります。
この井穴を治療することで、末梢循環の改善とともに、手指のこわばり・はばったさだけでなく、喉の痛みや頚肩部の凝り、腱鞘炎、頭痛、疲労感などの全身的な症状の改善も期待できるんです!!

 

 

私も喉の痛みや首・肩凝りがある時には、自分で井穴刺絡を行うことで自己治療しています。なかなか改善しない症状でお困りの際には刺絡治療を試されることをおススメいたします。当院をご利用いただいている患者さまの中でも、刺絡治療がお気に入りで首・肩の凝りが随分と和らぎ施術後は本当にスッキリするとおっしゃってくださる方もいます。

 

 

※一部の鍼灸師は、刺絡と瀉血を混同して考え、違法と思っているようですが、小泉純一郎氏が内閣総理大臣の2005年に「刺絡鍼法に関する質問主意書」が国会に提出され、その回答のなかで「刺絡鍼法=三稜鍼を用いた手技」は瀉血を目的とするものではなく「はり」に含まれるものであるとされています。
そもそも「瀉血」は血液総量を減らすことを目的としており、これができるのは医師のみです。当院で行う刺絡治療の目的は、ツボや経絡の効能を最大限引き出し症状の改善を計ることを目的にしています。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ゆず鍼灸治療院の袴谷でした。
鍼灸治療に関してはこちらから