しゃがめますか?

札幌市のゆず鍼灸治療院@袴谷です。
本日の札幌市内はポカポカ陽気でとても過ごしやすいですね~昨日までは寒い日が少し続いていたので、このままGW中ずーっとお天気に恵まれると嬉しいですね(^^)

 

アキレス腱の痛み

以前からアキレス腱炎でお困りの方が数名いらっしゃってくださっているのですが、整形外科や整骨院などで施術を受けたがスッキリと解消しないそうで、当院の筋膜リリースを希望されてお越しになられます。

※もしアキレス腱自体が腫れて(膨れて)いるようならば、その腫れを取り除く事が最優先となります。

これまで腫れている方、腫れていない方と様々な状態の方を拝見してきましたが、腫れがある方は回復までの期間が長くかかります。
腫れる=アキレス腱への負担大
ですから、アイシングやテーピングなどで負担を極力減らして腫れを引かせることが、回復への第一歩になります。

 

アキレス腱炎になってしまう理由は様々ですが、足首の柔軟性が足りない状態で普段以上にスポーツ活動や大会へ向けての練習量増加により、知らず知らずのうちに負担がかかり、痛くなってしまう方が多いように思います。

 

踵をつけたまましゃがめますか?

 

アキレス腱の痛みでお困りの方は、痛いポイントやアキレス腱を押したり摘まむことでより痛みが増すかを必ずお聞きします。
もう一つ、踵をつけたまましゃがめるか?という事を見させてもらっています!!
これは足首の柔軟性が十分にあるのかチェックしたいこと、そして足首が硬いようであればアキレス腱のケアとともに足首の柔軟性を確保することも再発予防として大切になるからです。


ふくらはぎの筋肉が踵の骨に付着する手前でアキレス腱になっているので、ふくらはぎの筋肉が硬くパンパンな状態であるならば、それらを柔らかくする事がたいせつですし、前脛骨筋や腓骨筋、後脛骨筋などのスネから足首周りの筋肉もアキレス腱への負担を引き起こします。

筋膜リリース

筋膜リリース
ふくらはぎへの施術例

ふくらはぎを中心に下腿の筋肉を写真のように丁寧にほぐしてあげることで、筋肉や関節の柔軟性が高まり腱への負担が軽減されるのではないかと考えて施術しています。

 

あとは長期間に及ぶアキレス腱炎や繰り返している状態に対しては、足首の可動域が確保されてから筋力トレーニングも大切になってきます。

痛み→安静(もしくはかばいながら)→運動→再発となると本来あった筋力も低下してしまうので、筋力トレーニングは必要になるはずです!


こんな事を考えながらアキレス腱の痛みでお困りの方に施術しております。
まずは痛みなく日常生活が送れるようになって頂けるようにお手伝いしたいと思いますので、お困りの方は一度ご相談ください。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ゆず鍼灸治療院の袴谷でした。
以前アキレス腱炎でお困りの方にご相談いただいた時の事をblogに綴っています↓
アキレス腱炎のご相談