膝の鍼灸治療について

膝の痛みのご相談が多いのですが、当院では膝周りの筋肉や関節に対して鍼を行うことが多いです。まずは痛みを解消できるように治療し、その後に運動療法で関節が滑らかに動けるように行っています。痛みを取り除くだけでは、日常生活で使っているとまた痛みが出てきてしまうんですね。それを繰り返さないためにも運動療法は必要なんですよ!!

 

鍼灸は、「痛い」「怖い」「熱い」といったマイナスイメージが先行しておりますが、施術者としても痛くないように、熱くないように行いたいのです。自分が治療されるときも痛くない方が嬉しいですからね(笑)
しかしお身体の状態・『ツボ』の状態によりどうしても痛みが伴ってしまう場所もあるのです。 鍼の太さや長さ、お灸も台座のついたせんねん灸を使うなど道具をかえる工夫をして、患者さまにご安心して受けていただけるようにしております。
ぜひご相談いただければと思います。

 

お膝に行う施術でも極力痛みや不快感を伴わないように工夫をし、鍼灸と運動療法の2本立てで行い、治療&再発予防を目指しております。

 
最後までお読みいただきありがとうございます。
スポーツ鍼灸はこちらから
鍼灸治療はこちらから