ケガと水分摂取について

先日、学生さんが練習試合をしていた際に腿の裏(坐骨のあたり)に痛みが出たとのことで来院されました。歩くと痛いとのことでしたが、あれやこれやと検査や触診をしていると肉離れといった状態ではなく、施術によって回復され翌日も予定通り参加出来たそうです。
こちらの学生さんにお話を伺うと、水分摂取には気を使っていたようですが高い湿度の影響で摂取が追いついていなかったようです。

ウォーターローディングとは

水分不足・脱水によるスポーツ活動のパフォーマンス低下を防ぐために行われる方法で、活動予定日の2~3日前から水の摂取量を増やしていく方法のことです。人間の体は60%が水分でできているため、体重のほんの数%減ってしまうだけでパフォーマンスが低下すると言われているます。


これからの季節、北海道も暑さ・高い湿度の環境の中、屋外でのスポーツ活動をされる予定の方も多いかと思います。活動日の2~3日くらい前からこまめな水分摂取を心がけて体内に水分を貯めておかないと、当日に少しずつ摂取していても胃で吸収され、細胞の隅々にまでいきわたる前に筋肉などの細胞が脱水になっていることが予想されます。

その状態で怖いのが熱中症はもちろんのこと、痙攣や肉離れといったケガの発生しやす状態となってくるはずです。

まとめると

肉離れ=筋肉疲労ではなく、汗で体内の水分量が減ったことによる細胞の脱水も考えられることを念頭に、スポーツ活動や屋外での活動を予定している日の2~3日前からこまめな水分補給を心がけて、体内水分量を確保しておきましょう!


・1日のトータル水分摂取量は1.5リットルくらい(個人差、活動量により差あり)
・1回の摂取はコップ1杯程度にとどめて、1日を通して摂取する
・利尿作用のあるコーヒーや緑茶、アルコールは禁止
・活動前と活動後の体重を記録しておくこと
以上を踏まえてウォーターローディングを行ってみましょう!!


お身体のケア、スポーツによるケガ・回復リハビリのお手伝いなど、お困りのことがありましたら是非ご相談ください(^-^)
ゆず鍼灸治療院の袴谷でした。

スポーツ鍼灸はこちら